top of page

 Script  

検索

EP-109. 会社の変なルール

みなさん、こんにちは!Kotsu kotsu Nihongoのみずきです。

このPodcastは日本語を勉強する人のために作っています。私の日常生活や日本の文化、社会問題、いろんなトピックについて話しています。スクリプトは私のホームページにあります。

また、私のPatreonになったら、メンバー限定の特別なPodcastが聞けます。コミュニティでは毎月スピーチチャレンジ、ライティングチャレンジもしています。こつこつアウトプットの練習がしたい人、ぜひ参加してください!

私のプライベートレッスンに興味がある方は、私のサイトを見てください。

また、グループ会話レッスンについては、Sunny Side Japaneseのホームページを

ぜひぜひチェックしてください!


今日は会社のルールについて話そうと思います。先日ある記事を読みました。福井県の町役場のルールについて書かれていました。そこでは、職員同士が結婚した場合、どちらかが仕事を辞めなければいけないというルールがあるそうです。で、これまでに3人の女性が辞めたそうです。

どうして辞めないといけないと思いますか?理由は、もし夫婦のどちらかが上司となって、その夫婦がね、上司と部下の関係になったときに正しく評価できない可能性があるからだそうです。評価が甘くなったりするかもしれない。この理由は一理あるかなと思います。

もし、そのね、上司となった人がちゃんと正当な評価をしていたとしても、やっぱりね、周りはそう思わないかもしれないし。夫婦が同じ職場にいるっていうのは、気まずさがあるというか、やりづらさを感じる部分があるかもしれないですね。

でも、記事を読んでいてちょっと思ったんだけど、仕事を辞めたのがみんな女性っていうのがちょっと気になりましたね。なんか、女性は結婚したら仕事を辞めて家庭に入る、みたいな。そういう考えがあるのかなって思っちゃいました。


職場結婚について話しましたが、実は私も職場結婚なんです。夫とは同じ会社の同じ部署、同じチームで出会いました。でもね、付き合ってるときも、結婚してからも、どちらかが部署異動することはありませんでした。だからね、本当にずっと同じ部署。私はね、さすがに結婚したら部署が変わるだろうなって思ってたんですよ。たぶんね、私が後輩だから私が異動するんだろうなぁって思ってたんですけど。なぜか変わりませんでしたね。

私はその会社に7年いたんだけど、その間ずっと夫と同じ部署で働いていました。でもね、夫は私の上司じゃなかったんですね。普通の先輩。だから夫に評価されることはなかったんです。周りは同じ部署、部署の中に夫婦がいることをどう思ってたのか…(笑)ちょっとね、聞いたことはないんですけど。やっぱり気を使ってくれてたのかな。もしそうだったら、申し訳ないなぁと思います。

私自身はね、仕事のやりづらさとか、気まずさとか、何も考えなくて、何にも感じずに普通に仕事をしていましたね。まぁね、同じ部署って言っても、仕事の内容は全然違ったし。ずっと一緒にいるってこともなかったし。だから良かったのかなと思います。


さてさて、みなさんの会社にはどんなルールがありますか?変だなって思うルールはありますか?

今日は私が前に働いていた会社のちょっと変なルールを5つ紹介しようと思います。ルールっていうかね、暗黙の了解ですね。ルールとして決められているわけじゃないんだけど、「そうすることが普通。当たり前のこと。」ってみんなが思ってるって感じ。


まず一つ目。

会社のイベントには絶対参加しなければいけません。社員旅行とか、BBQとか、飲み会もそうですね。あと新入生(新入社員)歓迎会とか。ウェルカムパーティーですね。一応ね、出席か欠席か聞かれるんですよ。紙で聞かれて、提出するんですね。それを上司に提出する。でも、もし「欠席」に○を打って提出したら、上司に呼ばれます。「あなたはなんで欠席なの?」って。理由をね、聞かれるんですよ。で、「会社のイベントは基本的に全員参加です」って直接言われちゃう。上司にそんなこと言われたら断れないでしょ?(笑)はい。なので、まぁ、強制参加ですね。で、会社のイベントってね、週末にあるんですよ。休日なのに、1日がね、会社のイベントでつぶれてしまう。それが嫌でしたね~。


二つ目。

女性がお客様にお茶を出さなければいけない。私は営業部の人だったので、基本的にはね、そういう仕事はなかったんですよ。総務部の人がお客さん対応をしていたんですね。でも、総務部の人が忙しいときは、オフィスにいる人がお茶出しを頼まれるんですね。「ちょっとお客さんにお茶出してもらえる?」みたいな。で、なぜかいつも女性が頼まれるんですよ。「なんで?」って思ってました(笑)別に、お茶を出すぐらい男性にもできるだろって思ってましたね。すごくそこに違和感を感じながらお茶を出していました。コップの片づけとかも、いつも女性が頼まれるんですよ。そう。だから、お茶出しとか、そういう、皿洗いとかね。コップの片づけとか、そういうのは女性の仕事っていうのが暗黙の了解でした。


三つ目。

新入社員は一番早く会社に来て、掃除しなきゃいけない。そして率先して電話に出なきゃいけない。先輩より早く電話に出ないといけない。これは日本っぽいかな。やっぱりね、年齢が若い者は立場がね、一番低くなりますね。


四つ目。

タイムカードを押し忘れたら、始末書を書かないといけない。始末書っていうのは、簡単に言うと反省文ですね。「タイムカードを押し忘れました。申し訳ありません。同じことを繰り返さないようにこれからは気を付けます。」みたいな。そういう反省の文を書かないといけないんですよ。厳しいですよね。


はい、最後。五つ目。

派手な服を着てはいけない。これはね、このルールができたきっかけがあります。

新入社員の女の子たちが、おしゃれなね、かわいい服を着て会社に来てたんですね。でもね、別に派手じゃないんですよ。派手じゃない。なんか、オフィスカジュアルっていうのかな。フォーマルすぎない。でもカジュアルすぎない服装のことを、「オフィスカジュアル」って日本語で言うんですね。そう。で、私が働いていた会社は、結構ね、地味な服装の人が多くて。私も実際、服はいつも同じような服を着ていました。だって毎日コーディネート考えるのめんどくさいしね(笑)だから、いつも下は黒いズボン。上はシンプルなブラウス。だから「オフィスカジュアル」とも言えないかも。全然おしゃれじゃない。そう。地味な服装を着ていました。周りの女性もね、そういう人がほとんどでしたね。

でも、新入社員の女の子たちは、おしゃれが好きな子たちだったんですね。で、周りがね、地味な服の、地味な服装の人ばかりだから、どうしてもね、おしゃれをすると目立っちゃうんですね。そうしたら、そのことを良く思っていなかった人がいて。私が働いていた会社は車の部品メーカーだったんですね。で、同じ敷地内に工場もあるんです。で、工場で働いている人たちから、オフィスにクレームが来たらしいんですね。その、うーんと、工場で働いている人って会社から指定された作業服を着ていて自由に服を選べないんですね。でも、オフィスの人たちはおしゃれな服を着ていてずるい。不公平だ。みたいな。そういうクレーム。

で、あるときにね、会社からオフィススタッフの全員にメールが回ってきました。

そのメールの内容は、「会社に派手な服を着てくるのは辞めてください。会社にふさわしい服を着てください。」みたいな。そういう内容だったんですね。

いやぁ、あれはびっくりしましたね。だってさ、工場で働く人が作業服を着るのは理由がありますよね。作業しやすいように、そして安全に仕事ができるように服が決められているんですよね。ちゃんと理由がある。

で、新入社員の子たちはおしゃれをしていたけど、別に派手じゃない。ちゃんとオフィスカジュアルな服だったし、会社にふさわしいと思いますよ。ちゃんとまじめに仕事もしていたと思うし。だから「別にちょっとぐらいおしゃれしたっていいじゃん」って思いましたね。

あのメールを見たときはびっくりしちゃった。はい。


ということで、私が昔働いていた会社のルールを紹介しました。まぁでも、会社にいたのはもう

6年、7年ぐらい前の話なので、今はね、変わっているところもあるかもしれないですね。みなさんの会社のルールも、おもしろいものがあればぜひ教えてください!


はい。今日はここまでです。聞いてくれてありがとうございました。

私の活動を応援したいという方がいたら、Buy me a coffeeでドネーションしてください。

とても励みになります。

ではでは今日もコツコツ頑張りましょう!

バイバイ!


◆Patreonになって限定コンテンツを楽しもう!


◆Buy me a coffeeでサポートしてくれたらうれしいです!


◆Podcastの感想やリクエストはこちら


◆Instagram


◆YouTube


◆Twitter


◆Facebook


◆TikTok


最新記事

すべて表示

EP-110. 子持ち様論争

みなさん、こんにちは!Kotsu kotsu Nihongoのみずきです。 このPodcastは日本語を勉強する人のために作っています。私の日常生活や日本の文化、社会問題、いろんなトピックについて話しています。スクリプトは私のホームページにあります。 また、私のPatreonになったら、メンバー限定の特別なPodcastが聞けます。コミュニティでは毎月スピーチチャレンジ、ライティングチャレンジもし

EP-108. 意識的に休もう

皆さんこんにちは!元気ですか? 今日のテーマに入る前に、ちょっとだけお知らせをさせてください。 グループ会話クラスのSunny Side Japaneseについてです。 このクラスについてちょっと簡単に説明すると、毎回トピックに沿ってグループで会話を進めていくんですね。一応トピック作りは私が担当してるんですけど、自分で言うのもちょっと変ですけど、結構いいトピックが作れているんじゃない?✨と思ってい

EP-106. 1945年 春 ー平和について考えたこと

皆さんこんにちは!Kotsu kotsu Nihongoのみずきです。 このPodcastは日本語を勉強する人のために作っています。私の日常生活や日本の文化、社会問題、いろんなトピックについて話しています。スクリプトは私のサイトにあります。また私のPatreonになったらメンバー限定の特別なPodcastが聞けます。 コミュニティでは、毎月ライティングチャレンジ、スピーチチャレンジもしています。こ

Comments


bottom of page