Script  

検索

EP-22 エビが嫌いになった理由

みなさんこんにちは。Kotsu kotsu Nihongoのみずきです。お元気ですか?

ちょっとお知らせです。最近新しいYouTubeのビデオをアップしたので、もしよかったら見てください。基本的にはビジネス日本語の動画をアップします。たまに日常のvlogをアップしようと思っています。と言っても私の日常は仕事か子育てかっていう毎日なんですが、もし興味があればご覧ください。チャンネルの名前はKotsu Kotsu Nihongoです。今回の新しいビデオは、私の8歳の息子も出演しました。がんばってビジネス日本語のセリフを覚えました。ぜひチェックしてみてくださいね。


Youtubeはこちら!

https://www.youtube.com/channel/UCTogTfvAp2KrCW2-9vuoFpQ/featured



今日は私のトラウマについて話そうと思います。トラウマっていうとちょっと大げさかもしれませんが、私にとってはトラウマです。

まずみなさん、お中元って知ってますか?夏の時期に、お世話になった人、例えば先生とか上司とか親とか、あと義理の親とか、親戚とかに感謝の気持ちをこめて何かプレゼントすることです。先生、上司、親、と言いましたが、これは個人の場合ですね。プライベートの話です。

会社としてお中元を贈るときは、取引先の人に贈ります。取引先はお客さんですね。例えばどこどこ会社のなになに部長とか、そういうえらい人です。上の立場の人のことです。


お中元の内容は食べものが多いです。お菓子とか果物とか、暑い夏に合うような食べ物です。ちなみに、このお世話になった人にプレゼントを贈る文化は、冬にもあります。これは、お中元じゃなくてお歳暮といいます。お歳暮です。「今年も1年ありがとうございました。」という感謝の気持ちをこめてプレゼントをします。ですから年に2回あるんですね。お中元とお歳暮です。


はい、それでですね、私が以前働いていた会社では、お中元はエビ、エビを取引先にプレゼントするってことが、決まっていたんです。もう毎年必ずエビなんです。もちろん生きているエビですよ。このね、お中元の準備をするっていう仕事がまぁ大変だったんですよ。


まず、職場の若い人が、朝の5時半、5時半ですよ。5時半に海の市場に行って、注文していたエビを取りに行くんです。お中元の時期は夏だからいいですけど、冬のね、お歳暮の時期は寒いですよ。冬の海、冬の朝。想像しただけでも寒いでしょ?こういう大変な仕事は、だいたい若い人がやらなければいけません。

で、そのエビを会社に持って帰ります。それから、梱包します。梱包っていうのは、箱の中に入れることです。どうやって梱包すると思いますか?


最初に箱の中におがくずと氷を入れます。おがくずっていうのは、木を細かく細かくして細かくして、粉みたいな状態にしたものです。それをおがくずって言います。そのおがくずと氷を箱の中に入れて、はい、ここからが大変です。エビです。生きているエビをですね、手でつかんで、手で持って、箱にいれるんです。10匹。10匹入れます。で、上からまたおがくずと氷をかけます。


みなさん、生きているエビを見たことがありますか?わりと大きなエビですよ。それを手でつかむんですよ。エビは動きます。しかもエビの動きってすっごく早いんです。早いんですよ。

で、おがくずで埋めて、エビが見えなくなっているのに、突然ピョンって上に飛び出してくるんですよ。もうそれが本当にこわくて。私にはもう、虫にしか見えませんでした。ごめんなさいね、エビが大好きな人がいたら、虫とか言ってごめんなさい。でも私にはその早い動きが虫にしか見えませんでした。


でも、これも仕事ですから、「やりたくない」とか「もう無理」とか言えません。そんな雰囲気じゃないです。仕事ですからね。

でも私はこの仕事のせいで、エビが嫌いになってしまいました。私はもう生のエビは食べることができません。どうしても虫に見えてしまいます。でもね、エビフライとかエビの天ぷらなら食べられます。だってあればエビの姿が見えませんから(笑) エビって分からないですから。だから食べられます。でも姿が見えるのはもう無理です。私の嫌な思い出を思い出してしまうので。はい、これが私のトラウマです。


で、このお中元の贈り物の準備を、仕事が始まる前の時間、朝の7時から8時半ぐらいまでやるんです。1日でだいたい15箱とか20箱ぐらいですね。部署のみんなで協力しながら作ります。お中元の準備をするのは、担当が決まっています。例えば、今日は営業部が準備する番、明日は総務部が準備する番、まあこんな感じで当番があります。当番の日は、いつもよりもとても早く会社に行かなければいけないので、それも大変でしたね。


で、このお中元を配るのも仕事の一つでした。取引先の人の家まで行って、直接渡すんです。「お世話になりました。今後とも、これからもどうぞよろしくお願いします。」こんな感じで、渡しに行きます。これがお中元とお歳暮の、年2回の大きなイベントでした。お中元とお歳暮のやり方は会社によって違うと思うんですけど、私の以前働いていた会社では、こんなやり方でした。


はい!今日はここまでです。PodcastのスクリプトはHPをご覧ください。

そして、Instagram、YouTube、Twitter、Facebook、こちらもどうぞよろしくお願いします。では、今日もこつこつがんばりましょう!バイバイ!



◆Podcastの感想やリクエストはこちら

https://form.run/@mizuki-mrc--1618235814


◆サポートしてくれたらうれしいです!

https://www.buymeacoffee.com/mizukisensei


◆Instagram

https://www.instagram.com/kotsukotsu_mizuki/


◆YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCTogTfvAp2KrCW2-9vuoFpQ/featured


◆Twitter

https://twitter.com/mizuki_nihongo


◆Facebook

https://www.facebook.com/mizuki.nihongo

最新記事

すべて表示

みなさん、こんにちは。 Kotsu kotsu Nihongoのみずきです。 みなさん、お元気ですか? 9月になりましたね。 日本はまだまだ蒸し暑い日が続いています。 でも少しずつ秋の気配を感じるようになってきました。 先月と比べると気温は下がってきたし、日が暮れる時間が早くなってきました。 日が暮れるっていうのは、太陽が沈んで暗くなることです。 いつも娘たちを保育園に迎えに行くのは大体6時ぐらい

みなさん、こんにちは。Kotsu kotsu Nihongoのみずきです。 みなさん、お元気ですか? 最近、写真スタジオで家族写真を撮ってきました。 一番下の娘が今年3歳になるので、七五三の記念写真を撮ってきました。 七五三。みなさん、七五三を聞いたことがありますか? 七五三は子どもの成長を祝うイベントです。これは伝統的な行事です。 昔々の時代は、子どもの死亡率が高くて、 病気とかで早く亡くなって

みなさん、こんにちは。Kotsu kotsu Nihongoのみずきです。 みなさん、お元気ですか? 先日私は相撲を見に行ってきました。 私のコミュニティのメンバーで相撲好きな方がいて、 「あ、そういえば私も昔、相撲好きだったなぁ」って思い出したので 久しぶりに見に行ってきました。 私は元々相撲のファンで、高校生の時は毎月のように相撲の雑誌を買うぐらい好きでした。 だいたい相撲のファンは50代以上