top of page

 Script  

検索

EP-104. インフルエンザ

みなさん、こんにちは、Kotsu kotsu Nihongoのみずきです。

このPodcastは日本語を勉強する人のために作っています。難しすぎない、でも自然な日本語でいろんなトピックについて話しています。

また、私はオンラインで日本語のレッスンをしています。レッスンは私のホームページから予約することができます。ホームページにはPodcastのスクリプトもあるので、ぜひチェックしてください。

そして私のPatreonになったらメンバー限定の特別なPodcastが聞けます。また、Discordでは毎月ライティングチャレンジ、スピーチチャレンジもしていますよ。こつこつアウトプットの練習がしたい人、ぜひ参加してください!


先日、インフルエンザになってしまいました。ってことで、今日はインフルエンザとか風邪に関わる言葉をたくさんシェアしたいと思います。風邪の話をしたいときに使える言葉がたくさん出てきますよ。


まずですね、私がインフルにかかる前に息子が感染していたんです。感染は、ウイルスが体に入って病気になるという意味です。先に息子が感染していて、私は看病していたんです。看病。これは病気になった人の世話をするという意味です。私は息子の看病をしていました。そうしたらやっぱり数日後、私も感染してしまいました。インフルってね、感染力が強いですからね。


久しぶりにインフルになって思ったのが、インフルエンザ、やっぱりやばいですね(笑)もう普通の風邪とはね、全然違うんですよね。普通の風邪って、だいたいね、「なんか頭痛いなー」とか「のどが痛いなー」とかから始まって、微熱が出ますよね。微熱っていうのは、普段の熱よりもちょっと高いっていう意味です。日本だったらね、だいたい37℃から37.3とか37.4℃あたりを微熱って言います。

そう。普通の風邪はね、微熱から始まります。でもインフルエンザは違うんだよね。その日のうちに、一気に高熱になるんですよ。高熱っていうのは、高い熱と書きます。文字通り高い熱という意味です。高熱。


私が、症状が出始めた日、朝から寒くて寒くてしかたなかったんです。もう寒気がすごくて震えていたんですね。熱を測ったらすでに38度ぐらいあって。「うわ~これ絶対インフルうつってるわ~」って思ったんです。

でも、その日どうしても休めないレッスンが入っていて。がんばってやるしかないと思って。1時間レッスンしました。生徒さんには言わずにね。やっぱり言ったら気をつかっちゃうじゃないですか。そうそう(笑)だから、そう。もう「よし!テンション上げてこう!盛り上げていこう!」とみたいな感じで(笑)テンションを上げるって言うのは元気を出すとか、そうですね、興奮するみたいな意味です。「テンション」の使い方については、エピソード92で説明しているので、ぜひそれを聞いてください。


はい。ということで、1時間だけレッスンして。まぁね、レッスン中はレッスンに集中していたから大丈夫だったんだけど、終わってから一気に寒いしだるいし動けなくてずっともう布団の中で寝込んでいました。えっと、「だるい」っていう言葉は、疲れてたり病気とかで体を動かせない、そういうときに使います。あとはもう一つ意味があって、「面倒くさい」という意味でも使います。例えばね、上司にめっちゃ大変な仕事を頼まれて、「だる」みたいな(笑)もちろん口では言わないですよ!心の中でね。「え、マジか、だる…」みたいな(笑)。そう。だるい。そういう感じでも使います。

あとは「寝込む」。これは、病気でずっと布団から出られない。ずっと寝ているっていうときに使います。風邪で寝込む。高熱で寝込む。こんな感じです。


次の日に病院に行って、インフルエンザ用の薬をもらいました。でもね、薬を飲んだからといって簡単には治らないのがインフルエンザですよね。だいたい合計3日、3日間ぐらいだったかな、寝込みましたね。布団から出られないし、食欲も全然出なくて食べられないし。大変でした。

しかものどがめっちゃ痛くて。水を飲むのも痛くて辛かったです。のどの痛みは熱が下がってからもしばらく続いて、困りました。日本ではのどが痛いときどうするかって言うと、のど飴っていう飴があるんですね。で、その飴ははちみつとかあとレモンとか、そういうビタミンCが入っていたりします。そう、だからのど飴をなめたり、あとトローチをなめますね。トローチは薬かな?病院でもらえるんですけど。飴みたいに甘くておいしいです。のどの痛みを落ち着かせるためにトローチをなめます。

ということで3日ぐらい寝て、無事に熱が下がって回復しました。回復は元に戻るという意味です。回復。元気になりました。


日本では、去年ぐらいからいろんなウイルス性の風邪とかインフルエンザがずっとはやっています。やっぱりね、コロナの時期はみんなマスクして、そして店とかレストランとか学校とか本当にどこでもアルコール消毒のスプレーが置いてあって、しょっちゅう消毒してたんですね。それが原因の一つだと思うんだけど、みんな免疫が落ちちゃったんですね。免疫っていうのは病気から守ってくれる、体のシステムのことですね。immunityですね。そう。みんな免疫が落ちてしまった。で、いろんな病気とかインフルエンザがすごい勢いではやっているんですよ。


私の息子なんか、すごく運が悪くて。12月にインフルエンザA型、タイプAにかかったんです。で、2月。今度はB型に感染しちゃって。2回もインフルになっちゃったんですね。私は子供が3人いるんですけどなぜか息子だけ2回感染しちゃいました。かわいそうですね。


やっと最近暖かくなってきて、冬の終わりを感じるようになってきたのできっとインフルの流行も落ち着いてくると思います。でも日本には「三寒四温」という言葉があります。漢字はね、三つ寒い、四つ温かいって書きます。この意味は、3日寒い日が続いてそのあとに4日温かい日が続くっていう意味です。そうやって、そういう日を繰り返してだんだん春になるっていうことです。なので「あ〜最近なんか温かくなってきたなぁ」と思ったら急に次の日寒くなったりするんですよ。三寒四温ですね。そういうときに体調を崩しやすいので、みなさん、特に日本で聞いているみなさんは体調管理に気を付けてくださいね。


はい。今日はここまでです。聞いてくれてありがとうございました。

私の活動を応援したいという方がいたら、Buy me a coffeeでドネーションしてください。とてもうれしいです。

ではでは今日もコツコツがんばりましょう!バイバイ!


◆Patreonになって限定コンテンツを楽しもう!


◆Buy me a coffeeでサポートしてくれたらうれしいです!


◆Podcastの感想やリクエストはこちら


◆Instagram


◆YouTube


◆Twitter


◆Facebook


◆TikTok


最新記事

すべて表示

EP-106. 1945年 春 ー平和について考えたこと

皆さんこんにちは!Kotsu kotsu Nihongoのみずきです。 このPodcastは日本語を勉強する人のために作っています。私の日常生活や日本の文化、社会問題、いろんなトピックについて話しています。スクリプトは私のサイトにあります。また私のPatreonになったらメンバー限定の特別なPodcastが聞けます。 コミュニティでは、毎月ライティングチャレンジ、スピーチチャレンジもしています。こ

EP-103. 悪気のない言葉に怒ってもいい?

みなさん、こんにちは!Kotsu kotsu Nihongoのみずきです。 このPodcastは日本語を勉強する人のために作っています。 難しすぎない、でも自然な日本語でいろんなトピックについて話しています。 また、私はオンラインで日本語のレッスンをしています。レッスンは私のホームページから予約することができます。レッスンの時間や回数によってディスカウントもあります。 ホームページにはPodcas

EP-102. きつねのコンちゃん🦊

みなさん、こんにちは。 Kotsu kotsu Nihongoのみずきです。このPodcastは日本語を勉強する人のために作っています。私の日常のこと、日本の社会や文化のこと、日本で今ニュースになっていることなどをシェアしています。スクリプトは私のホームページにあります。私のレッスンもホームページから予約ができます。ぜひチェックしてください。そしてPatreonメンバーになったら、メンバー限定のp

Comments


bottom of page